ブリヂストンワゴンBW10から3輪自転車購入のポイントを探る

Published : Jun 10,2013
BW10

年を経ると体力が衰えると同時に瞬時に判断する能力も衰えてきます。若いころは多少の無茶をしても怖くなかったのに、最近では車が横を通過しただけでも怖いと感じたいう人は多いと思います。歩いている時ならまだしも、自転車に乗っていれば必ず転倒の危機があります。

最近では自転車の前後に子供を載せて走ることができる専用自転車をよく見かけるようになりましたが、こちらは比較的若い人向け、つまり子育て世代用です。今回のレポートはこのタイプではなく、お年寄り向けではないけれどまだまだ近くのスーパーぐらいなら一人で買い物に行けて、2輪車より荷物を積んだ際の転倒の危険が少ない3輪自転車についてのレポートです。今回購入したのはブリヂストンサイクルのブリヂストンワゴンBW10という固定ギアの3輪自転車です。3段変速付きのBW13というモデルもあります。さらに電動アシスト付きのアシスタワゴンというタイプの物もあります。電動アシスト付き自転車が流行ですが、さすがに3輪自転車初体験でいきなり20万円近いお買い物はできません。

3輪自転車を選んだ理由は少しでも転倒の可能性を抑えるためです。しかし全く乗ったこともないのに果たして乗れるのか?という心配がありました。そこで近くの自転車屋さんに相談しに行くことになったのですが、そこのお兄ちゃん曰く「展示車はありません。取り寄せることはできます。でも後ろ2輪より前2輪の方が癖がない分良いですよ」というアドバイスを受けた。

確かに前2輪のミンナという3輪車もブリヂストンサイクルから販売されていて、気にはなっていたのは事実。このアドバイスを聞いて一旦は前2輪タイプに心は傾いた。しかし実際に見て乗ってみないと不安なので、古くからあるK自転車屋さんへも寄ると両方のタイプが展示/試乗も可能だった。実物を見ると前2輪のミンナはかなり全長も短く、コンパクトですが前輪部分の機構がちょっと複雑で、これってぶつかるとまっすぐに走らなくなるのではという不安が浮かびました。後2輪はさすがに時々目にする機会もあったためか見た感じで不安になるようなことはありませんでした。

試乗するとやはり前2輪は前輪の動きが不安定でした。確かに普通と違っていて面白いのですが、ハンドルが左右に取られる感じがします。とても安心して乗れるとは言い難いものでした。後2輪はちょっと引っ張る感がありますが、走り出せば3輪を全く意識させない走りです。つまりA自転車屋のアドバイスとは全く逆だったということです。確かに全く自転車に乗れない人であればアドバイス通りだったかもしれませんが、普通に乗れる人であればそうではないということです。ちなみに後2輪のスイング機能は普通に自転車に乗れる人は固定する必要はないようです。これはたぶん全く乗れない人用で、普通に乗れる人が固定すると大変重く感じ、転倒の危険もありそうです。

この後2輪の3輪自転車ですが、決して新しい乗り物ではなくかなり昔からあります。どれくらい前から販売されるようになったのかは知りませんが、今ではホームセンターなどでも展示されているのを見かけるようになりました。このホームセンターで販売されている多くの3輪自転車が3万円前後の物のようですが、今回購入したブリヂストン製は66800円(定価)です。この差はブランドだけでしょうか?答えは「いいえ」です。走り出せば3輪を意識させない走りができると既に書きましたが、全ての3輪自転車が同様だとは言い切れないのです。

まずはブレーキですが、BW10は後ろ両輪にベルト式のブレーキが付いています。つまり3輪全てで制動可能です。ところが3万円クラスは片輪だけです。これでは雨や砂でスピンする可能性があります。スピンするほど速く走るなと言われればそうですが、BW10はより安心と言えます。次が後2輪タイプの特徴でもあるスイング機能ですが、BW10は左右からコイル状のスプリングを利用して適度に直立するようになっています。逆に言えば後2輪が路面の傾斜や段差でもタイヤの浮き上がりを防いでくれます。左右独立している訳ではないので完璧ではありませんが、このスプリングにより反発力が生まれ乗り心地向上に繋がっていると考えられます。3万円クラスには付いていませんでした。

また以外と知られていないのが車重の軽さです。最近の電動アシスト付き自転車の多くが25キロ程から30キロありますが、BW10は21.8キロです。これはアシスト量が少なかった昔の24インチ電動自転車レベルです。これはアルミ製フレームを採用しているためで、見た目程は重くないのです。3万円クラスは25キロ程です。その他座ったままでもダイナモランプを操作できたり、かがまずにカギの開閉が可能なリモコンFロックというのも付いています。足がちょっと不自由だったりする人には大変親切な機能です。今回初めて3輪自転車を手に入れたのですが、手に入れて判ったことはアシスト付き3輪自転車というのもかなり高価ですが、機動力アップには価値のある製品かもしれないと思いました。でも20万は高いけどね。

Shuji Inoue

15年間メインフレーム系大型コンピューターの開発&システム設計の後、Power Mac G4購入をきっかけにAppleユーザーになる。現在メインはiMac 5K
お腹の脂肪が気になり、30年ぶりにロードレーサーに乗り始める。鯉の飼育や盆栽の手入れが日課

PREVIOUS ARTICLE

日本でもアマゾンAndroidアプリストアがパソコンから利用可能になった
昨日ようやく日本でもアマゾンAndroidアプリストアがパソコンから利用可能になりました。これまではKindle端末を所有しているか、もしくは専用のアプリを通してのみ詳細を見ることができるだけだったのですが、誰でも自由にどんなアプリが利用可能なのかを見ることができるようになりました。

NEXT ARTICLE

iPhone更新月まで残り3ヶ月、そろそろその先が気になってきた
iPad miniの発表から久しぶりにアップルが話題を提供してくれた今朝早くですが、Todayなハードウェアは最新プロセッサを搭載したMacBook Airと802.11acをサポートしたAirMac製品のみでした。それよりも日本ではアップル製品が一気に値上げされてしまって全く購買意欲が上がりませんね。来年の4月にはきっとさらに値上げされるので...

RELATED CONTENTS

あさひラトゥールミキストのママチャリっぽい所とそうでない所

2014年最後はメガネのお話で締めたのですが、その最後に『電動ママチャリじゃ…』みたいなことを書いています。年も代わって何か新しい事を始めるにはいい時期ですが、新しい自転車を買いました。あさひのラトゥールミキストです。

ミキスト買って1ヶ月、少しだけ走れるようになってきた...

あさひのラトゥールミキストを買って1ヶ月ですが、ようやく数日前から自転車乗りらしいペダリングと体のブレが収まってきました。この間ほぼ2日に1回のペース...

店頭購入はBL-R400のみ、ビットリアストラーダ、チェーン、トーストラップ、OGK...

いよいよ30年以上前 高校1年の時に買ったロードレーサーが復活しました。最後に乗った記憶は社会人になる直前、高千穂峡までのサイクリングだったような記憶があります。あれから30年...

ダイソーの樹脂粘土で自転車ブレーキレバー用ブラケットカバーを自作

昨日レストア中のロードレーサー3Renshoのテスト走行をしました。チューブラータイヤは貼り付けていないので別のホイルを装着、テストの目的は樹脂粘土で作ったブレーキレバーのブラケットカバーが使いのもになるのかどうかです。

Copyright © 2017 KGRAND Inc. All rights reserved.

〒861-8074 熊本県熊本市北区清水本町33-28 ☎︎096-345-7201

mail : contact[@]kgrand.net