コンチネンタルGIRO チューブラーはバルブコアが外れるし、トレッドが深くて昔のチューブラーみたい

Aug 17,2016

先月久しぶりにパンク、チャレンジのチューブラータイヤを買ったレポートを書きましたが、またまたパンクしました。チャレンジではなく、既に1年以上使用したタイヤだったのがせめてもの救いですが、今回は路上に散乱したガラス片を踏んづけ再利用不可能な程パックリと切れました。地震後熊本の道路は荒れて、道にクギやガラス片がよく落ちています。しばらくは使い古しのタイヤで走った方が良いのかもしれないと感じ始めています。

といっても使えそうなチューブラータイヤに巡り合えていない状況なので、とりあえず繋ぎでコンチネンタルGIROを試す事にしました。これで手に入れやすいメーカーのトレーニング用チューブラータイヤ全制覇です。

このGIRO 3000円前後のトレーニング用チューブラータイヤにしては一番しっかりとした箱に入っています。一般的に30センチ程の長さにきつくたたまれた物が多いのですが、ほぼ四角の箱に丸められて入っているので、タイヤに変な癖が付いていません。その為センター出しは楽です。

タイヤ自体は硬く、チャレンジのように柔らかくないので、しっかり力を入れないとリム装着は一苦労です。意外だったのは、バルブコアが外れます。これだけでも外れないものよりは使える幅が広がります。

トレッドが昔のチューブラーみたいに深い

次に気がついたのはトレッド、センターがヤスリ目でなく、なんとなくヤスリ目がかすかに残るライン状です。その周りはスギ目とありふれたパターンですが、トレッドの溝が最近のチューブラータイヤにしては深いです。

チャレンジのヴォルカーノなんて着いてるだけって感じなんですが、GIROは昔のチューブラータイヤに匹敵するほどしっかりとトレッドが刻まれています。これは浮き砂利でも安心ですし、古いクロモリロードには一番似合うかもしれません。

これまでチャレンジのヴォルカーノ以外はどれも同じだなって感じのトレーニング用チューブラータイヤですが、GIROはビットリア、パナレーサー、ソーヨーと似てはいるものの空気圧も10barまで使えるので違うタイヤのようです。これから半年、1年、減り具合と耐久性を確認する必要がありますが、最初の感覚では良い感じです。

パンクしたタイヤの再利用あれこれ

さて、パンクしてスペアでの使用もできなくなったチューブラータイヤですが、ふんどしは1年も経たずにふんどしがボロボロになったソーヨータイヤに移植、チューブは修理してW/O用に、タイヤは細く切りわけてバーテープにしてみようと巻いてみたのですが、伸びないのでちょっと無理でした。曲がりが少ないハンドルには使えそうなんで、一応捨てずに残しておく事にします。

最近はチューブラータイヤを修理して使う事がなくなったのでふんどしを移植なんて大丈夫?と思われるかもしれませんが、昔は何度でも剥がしては貼って使っていました。それくらい使えるチューブラータイヤを探しているのですがね。

Copyright © 2017 KGRAND Inc. All rights reserved.