iPhone 7までの繋ぎにWindows Phone買ったけど、予想以上に使えそうなんでじっくり使い込んでみることに

Sep 23,2016

そろそろiPhone 7発売から1週間ですが、7発売日の16日はついに5年間使い続けたiPhone 4sの使用を諦め、Windows Phoneに手を出した記念日になりました。5年間使い続けバッテリーの保ちこそ悪くなったものの、何ら不具合も起きなかったiPhone 4sもついついキャリアアップデートをしたが為に不正なシムと認識されるようになり、iOS 10へもアップデート出来ない事だし、この際引退してもらう事にしました。

7は久しぶりに買っても良いかなと思わせるiPhoneに仕上がっているようで、年内には手に入れたいと思っています。それまでの数ヶ月、外で使えるスマートフォンが無いと不便なので、1万円以下で買えるWindows Phone フリーテルのKATANA01を早速購入しました。

シムフリーって本当便利ですね。今まで使っていたシムをそのまま入れ替えるだけで使えちゃうんですから。最近のシムフリー機は価格も上昇し、この点ではちょっと短期間やお試しにって感じでは利用しにくくなりました。低価格なAndrod搭載機はいくら短期間でも心配です。

その点Windows Phoneは安心出来ます。最新アップデートは直ぐに適応されるし、こんな安いスマートフォンでも十分すぎるぐらい使えます。確かにアプリの数は少なく、有ってもまともに動作しない物もありますが、電話、メール、ブラウザでチョット調べ物、Skypeで無料通話、GPSの利用、ニュースアプリで情報入手、これだけ出来れば十分でしょう。

1週間使ってみて感じるのは、Windows Phoneならこの価格帯で充分だという事です。最近は4万円を越える価格の物もありますが、標準で搭載されたアプリ、機能以外は使えないと思って間違いではなさそうなので、4万円も出す価値はWindows Phoneには有りません。

そう感じさせる事がWindows Phoneの将来を不安にさせる一つでもあるわけですが、結論を急がない事が大事です。iPhoneだって最初から素晴らしかった訳じゃなく、2008年に日本で発売開始された頃はただ単にタッチパネル上を指先で操作できるだけで使えるアプリなどほとんどありませんでした。ただ、1年以上経ってもこの状況というのはやっぱりダメ?

iPhone 7を手にするまでの間だけのつもりで買ったのですが、予想以上に使えるので壊れるまで末長くお付き合いする事にしました。

Copyright © 2017 KGRAND Inc. All rights reserved.