MNPでのりかえ先を探したがなかなか良い案件が見当たらず、再度MNP予約番号を取得し、のりかえ先を探すのか、とは言ってもそろそろiPadの発表が噂され、発売開始も近いと言われている。さらにはOS X Mavericksのリリースももうじきだし、いつまでもiPhoneにかまっていられない。iPhoneから話題をiPadや OS Xに頭を切り替える為に結果を出す時期です。

そこで考えたのがiPhone 4Sをシムフリーにしちゃって、解約後も有効に使うという案です。ロックされたキャリアのiPhoneのシムフリーと言えばいわゆる脱獄ですが、最近は便利な道具が売られていて、誰でも簡単に手に入れシムフリーにする事ができる。とにかく解約前にテストして、使えることが確認できればiPhoneのりかえの件はこれで終わりにできると考え手に入れました。今回購入したのはソフトバンクモバイルとau用で別になっているKingmobileのシムロック解除アダプタです。たぶんiPhone 4SからiPhone 5C/Sに変更してiPhone 4Sが手元に残ったという人も多いと思いますが、そんな人も試してみる価値がある製品だと思います。価格も1600円ぐらいで、Amazonならまだまだ在庫もありそうです。でも早めに手に入れといた方が良いかもしれません。この手の物って無くなればそれで終わりですからね。

さらにこういう物の購入に共通の注意点として、全て自己責任でということです。期待した結果を得られなかったり、iPhoneが壊れるかもしれないリスクがあるということです。ですからこれ以降に書かれた内容通りに行っても同じ結果となることは無いということを承知し、読んでください。

送られてきたパッケージは黒をベースにした何とも怪しげな感じです。でも中身はしっかり日本語の説明書が入ってますし、ウェブサイトでも使い方が掲載されているので、両方を見ながらやるとたぶん中学生ぐらいでもできますね。いわゆる下駄と称される物で専用のシムトレーと薄いシートから構成され、シートには小さいチップとシムとの接点が搭載されています。シートは薄く使いたいキャリアのシム(今回はIIJmioのドコモ赤シム)を重ねた状態で載せてiPhoneに装着します。ちょっと取り付けや取り外しに重い感じがしますが、iPhoneを壊してしまうような感じはしませんでした。ただ、小さいチップがどの程度の品質の物なのかは?ですので、どれくらい壊れずに使えるのかというのは全く判りません。明日壊れるかもしれませんし、1年ぐらい大丈夫かもしれません。

装着後電源を入れてしばらく待っているだけで、これまでSoftbankって表示されていたところにNTT DOCOMOって表示されます。簡単過ぎです。たぶん通話だけならこれでOKなんでしょうが、データ通信を行う時は追加でAPNの設定をする必要があります。今回は使える(シムを認識して電波を掴める)ことだけの確認だったので、この設定はしませんでした。これで解約に伴いシムを回収されてしまっても、以後のiOSアップデートとFaceTimeなどアクティベーションが必要なサービスを継続して利用できる道が整った訳です。結局FaceTimeはシム無しでも利用でき、シムは回収されませんでしたけど。

テスト終了後は回収されなかったソフトバンクモバイルの黒いシムを装着して使っていますが、ちょっとバッテリーの消費が早くなった感じがします。シムはあっても頻繁に電波を掴みにいってるのかなーなんて想像していますが、実際どうなのかは判りません。さらにFaceTimeやiMessageも使えるんですけど、アクティベーション中って表示されたままってことは何かしら無駄な事を繰り返しているのでは?と想像してしまいます。即日運用開始とはならなかったシムロック解除アダプタですが、機会があれば格安シムか通話専用シムにトライしてみたいですね。携帯電話として通話ができるようになれば、解約以前のiPhoneの機能に戻ることになりますし、来年のMNPへの弾としても有効かと。

熊本県出身、1986年から2001年までメインフレーム系大型コンピューターの開発&システム設計に従事、2000年に初めてMacintosh(Power Mac G4)を購入後、Macの魅力にとりつかれ、2002年に帰郷しケーグランドを設立する。