レイノックス0.3倍セミフィッシュアイコンバージョンレンズをクリップ式マウントでiPhoneに付けてみました

May 19,2017

スマートフォンのカメラの上にクリップで付けるレンズ、正式にはなんて名前なのか知りませんがiPhone 4S用に購入してみました。iPhone 4Sは小さいので持ち運びに便利ですし、自撮り棒なんかの先に取り付けて撮影するときにはまだまだ使えます。問題はもうちょっと広い画角が欲しいこと。

今やスマートフォンに付けるレンズといえば100円ショップで買えるものから、アップルストアで販売されている数万円するものまで色々あります。その中でもクリップ式の物は高くても数千円ぐらいです。画角だけなら1000円ぐらいの物でも使えそうな感じだったのですが、今回は10年以上前にSDビデオカメラ用に購入したコンバージョンレンズが使えそうなマウント径が37ミリのやつを手に入れました。

多分他のメーカーのやつでも同じような気がしたけど、Amazonの商品説明に37ミリの記載があったAmirを選択しました。

クリップ+レイノックス セミフィッシュアイコンバージョンレンズ

現在も販売中のビデオカメラ用の0.3倍コンバージョンレンズで、フィッシュアイレンズ特有の湾曲した画を撮ることができます。マウント部の径は37ミリなんですが、実際に購入したクリップに付くのかやってみるまで心配でしたが大丈夫でした。

iPhone 4Sに取り付けたところ、ビデオではケラレることもなく撮影できましたが、写真はちょっとケラレます。ちなみにiPhone 7 Plusにも付けてみましたが、こちらはレンズ部が丸ではなくて、マウントの穴に合わずにピッタリつきません。iPhone 7ではそんなことはなくピッタリつきます。ですが、iPhone 7やPlusに付けて使うような高性能なレンズではないので、あくまでもiPhone 4S用です。

iPhone 7やPlusでの使用を考えるのであればそもそもクリップ式ではなく、専用マウントやケースに付けるタイプのレンズを選んだ方が良さそうです

画角の比較

近くの公園に巨大なクスノ木があるので、そこで画角のチェックをしてみました。左からクリップにレイノックスレンズを付けた場合、クリップ標準のレンズ、iPhone 4Sのノーマルカメラです。 色が違うのはレンズを交換している間に曇ったり、晴れたりした為で、レンズの性能ではありません

Copyright © 2017 KGRAND Inc. All rights reserved.