準備OK! 後はWindows 10 Mobile搭載スマホを本当に買う気になるかどうかです

Jun 24,2016

最近Windows 10 Mobile搭載スマートフォンが気になっています。というのもiOSがそろそろ終わりなんじゃないかなって今年のWWDCのキーノートを見て思ったから、子供っぽくて、おもちゃ見たいで、もっとモバイル機器用のOSとして進化して行って欲しいと感じるのですが、売るための改良ばかりで未来が見えてこなかった。アップルってそんな会社だったっけ?って今年もがっかりした次第

現在使用中のiPhoneもiPadもiOS 10のアップグレード対象から外れてしまったというのもありますが、iOSを使い続けても3年から4年でサポートされなくなる。3万から4万円程度で買える機器であれば年間1万円づつと思えばそれほど無駄だとは思わないが、それ以上する物は明らかに無駄遣いです。

その点Windows 10 Mobileを搭載したスマートフォンは安い!最も新しいVAIO Phone Bizは6万円と高すぎですが、エントリーレベルの1万円台から、一番買いやすいであろう2万円台、ちょっと人とは違ったおしゃれな4万円台と使いかたと予算で選ぶことができる。それにどれも日本の会社が販売しているものばかりで、Androidのように怪しげなものじゃないはず。

KATANA

FREETELが販売するエントリーレベルのWindows 10 Mobile搭載機 ディスプレイサイズと搭載メモリの違いで01と02ってモデルがある。特に特徴がある訳でもなく、Amazonや家電量販店の他にGEOやパソコン工房でも買える。

ガラケーでもいいんだけど、かっこいいやつが無いし、必要最低限なアプリと電話、たまーにデザリングができればと考える人にはぴったりで、自分も予算次第では購入対象の一つです。

MADOSMA

マウスコンピュータが販売する2万円台のやつ。KATANA搭載のよりも高速なグレードのCPUが使われている。こちらもAmazonの他、パソコン工房でも当然購入できるはず

ちょっと重めのアプリと言ってもどんなアプリがあるのか知らないけれど、そんなアプリを使う時はこちらが良いのかも

3万円から4万円

このクラスになるとかなり物欲をそそる物もあります。某家電量販店が販売している物は置いといて、MADOSMAよりさらに高速なCPUを搭載した、おしゃれなスマホNuAns Neoです。スマートフォンのケース販売で有名なトリニティがかなりこだわって作った物らしく、iPhoneよりもおしゃれです。

予算に余裕があればiPhoneから乗り換えるには最適、問題はAmazonでも購入可能ですが、真っ黒なカバー付きを買った上に、おしゃれなカバーを望むなら別途追加で買う必要がありそうです。着せ替えて楽しめるけど、黒はいらないって人には無駄になっちゃう。

トリニティのストアでは最初からお気に入りのカバーを選択して購入できるので、Amazonでもなんとかならんのかなって思う。

後はNuAns Neoがこれ一発で終わりなのか、さらに二発、三発があってiPhoneみたいにでかくなったり、頻繁にデザインが変わるようなことはないのか?ということが気になります。だってせっかく揃えたカバーや周辺機器が使えなくなるのはバカみたいだし、数万円もするカバーを売ってるんだから、それだけは止めてほしいなーって思っている訳です。

VAIO Phone Biz

日本で誰でも手に入れることができるWindows 10 Mobile搭載で最も高価なやつ。ただし、高価と言っても見た目はAndroid機と同じでNuAns Neoとは狙いが違うみたい。この作りでNuAns Neoよりちょっと高いぐらいであればよかったが、この金額を出すならiPhoneを買った方が良い。

まだまだ選択肢が少ないWindows 10 Mobile搭載スマホですが、最低限の機能でよければAndroidを選ぶより賢い選択だと思うのだが、果たして本当に買う気になるのでしょうか。

Copyright © 2017 KGRAND Inc. All rights reserved.