すいかの里植木を拠点に豊前街道の4つの坂を走破する ブゼンサカバカルート

4つの坂で特に厳しいのはうらやま坂と乙貝坂です。ただし乙貝坂は今回のルートでは下り方向なので問題外、ただし逆ルートでは激坂ポイントです。

うらやま坂は普通の人なら押して上る事をお勧めします。20%を越える激坂プラス落ち葉でかなりスリッピーです。

実は乙貝坂から最後のほたて坂までの区間が一番きつい区間です。三十六のお茶屋跡の上り、平尾山麓まで一気に上る激坂へと続きます。

すいかの里植木を拠点に豊前街道の4つの坂を走破する ブゼンサカバカルート

4つの坂で特に厳しいのはうらやま坂と乙貝坂です。ただし乙貝坂は今回のルートでは下り方向なので問題外、ただし逆ルートでは激坂ポイントです。

うらやま坂は普通の人なら押して上る事をお勧めします。20%を越える激坂プラス落ち葉でかなりスリッピーです。

実は乙貝坂から最後のほたて坂までの区間が一番きつい区間です。三十六のお茶屋跡の上り、平尾山麓まで一気に上る激坂へと続きます。

  •  SHUJI INOUE
  •  Jun 16 ,2018

豊前街道の坂4つを走る29キロのルートです。拠点は道の駅すいかの里植木、スタートして直ぐに軽い上りの後、九州自動車道を通過し池の川水源を通り合志川に出ます。ここから川沿いにゆうかファミリーロードを目指し、山鹿市に入ったらサイクリングロードとお別れ左折します。

しばらく走って国道3号南島交差点を直進、右手に昔の山鹿と玉名の境界だった境界石を見て城ケ花バス停から左折、うらやま坂を目指します。

坂の手前でうらやま坂の名前の由来を知って、いよいよ坂バカ区間の始まりです。うらやま坂を上りきった先は100メートル程未舗装ですが綺麗な農道です。

続く比丘尼坂は気がつかないまま上ってしまうかもしれませんが、左側に碑がたっています。3つ目の乙貝坂はビニールハウス畑の奥にあって、予想よりも明るく、鹿本農道と立体交差しています。

最後のほたて坂を上り、県道3号から平田機工裏を通り道の駅に戻ります。ちなみにこの辺が豊前街道三里木です。

Copyright ©︎2019 KGRAND Inc. All rights reserved.

〒861-8074 熊本県熊本市北区清水本町33-28 ☎︎096-345-7201

mail : contact[@]kgrand.jp