Published: Aug 14,2017

HomePodが発売されれば少しは変わるのか?Apple Musicを4ヶ月利用してやめた

古いレコードジャケット見てたら聴きたくなってApple Musicを4ヶ月利用しましたが、先日利用を中断しました。開始直後は日替わりのオススメや新着アルバムを聴くのが楽しくて、こりゃなかなかやめられないねと1年間の契約を検討したぐらいでした。

多いけど少ない

それまでAmazon Prime Musicを利用していたので、量的な違いは期待以上でした。おまけみたいなサービスと980円では当然ですが、とにかく最初は音楽を聴く楽しみを久しぶりに味わいました。

しかし、流れてくる音なら何でも心地よいわけじゃなく、やっぱり自分の好きなアーティストの曲が一番耳に響くし、Apple Musicに慣れるに従ってそういった曲ばかりを見つけて聴く様になりました。

若かった頃、金銭的になかなか手に入れることができずにラジオでしか聞けなかったあの曲や古いアルバム等々、何でもある事は大事だけど、本当に聴く曲はあんまり多くない。

長く利用すればするだけ飽きてくる

最初は楽しみだったオススメ曲やプレイリストも毎日眺めていると単なる繰り返しで、時々一部が新しい曲に入れ替わる状況である事がわかった。

アーティストXXXを聴くあなたへって勧められ、すでにライブラリーに登録済みのアルバムを選択しちゃダメでしょ。結局どういった仕組みかは知りませんが、あまり役に立つものじゃないってことです。

昔はラジオのDJが盛んで、ジャズ、クラッシック、ポップスなど様々なジャンルの音楽を紹介してくれる音楽番組をよく聴いていました。NHK FMや地方のFM曲などです。Apple Musicのオススメ機能はそんなDJ時代にも達していません。ただただ膨大な数のレコードが並んでいる巨大なレコード屋です。これはAppleだけじゃなく他の音楽発信サービス共通の大問題なんだろと思う。

その点、動画のストリーミングサービスは、主演者の情報等があるので、これらを元に追っかけて新たな番組を探す事が出来る。しかし音楽発信サービスにはアーティスト名以外の情報は何も無い、一体いつ頃の曲なのか?参加しているドラマーやギターリスト等の情報もない。

はっきり言って手抜きです。ソーシャルな機能やつながりばかりに重点を置いて行くとこうなっちゃうのかな?それとも近いうちに日本でも発売されるだろうスピーカーに尋ねると、探してくれるのでしょうか?

フォローしている友達が聞いているからとか、よく聴かれているからとかいう繋がりではなく、その曲やアーティスト、参加ミュージシャンなど、本来その曲が持っている中身の繋がりを重視するべきだ。

Copyright ©︎2019 KGRAND Inc. All rights reserved.
〒861-8074 熊本県熊本市北区清水本町33-28 ☎︎096-345-7201
mail : contact[@]kgrand.jp