確実な操作とAnt+機器との接続、バッテリー保ちで選んだガーミンInstinctは最強な万能ウォッチだった

Published : Nov. 22,2018


GarminのアウトドアウォッチInstinctを手に入れました。腕時計はやっぱり丸型で、タッチパネルじゃない方が確実な操作が可能で良いですね。色は黒っぽい方がどんな色のベルトでも合いそうだったのでグラファイトを選択しました。ほぼ毎日充電する必要があるApple Watchに比べ、Instinctは充電式なのを忘れるぐらいバッテリー保ちが良いです。

タッチパネルのアウトドアウォッチなんてありえない

Apple Watchを使わなくなった訳ではないのですが、Garmin Instinctを選択した理由に冒頭でも書いた通り、腕時計は丸型が好きな事と小さいディスプレイでのタッチパネル操作はかなり不便だなと感じていたからです。サイクリング中はグローブをしていても手は汚れます。チェーンでも触ろうものならその汚れた指先でタッチパネルの操作はしたくありません。更に腕時計は常に外気に触れる訳です。雨や塵、汗以外にも木の枝や壁に当たる事だってあります。タッチパネルはそういった物に大変弱いです。つまりApple Watchはそういった環境下では使わないようにしたと言う事です。

とにかくタッチパネルの腕時計は野外で活動する際にはストレスが溜まり不向きです。

Ant+に対応してないスポーツウォッチなんてありえない

最近はBluetoothでのみ対応機器と接続できる物が増えてきてはいますが、Bluetoothってやっぱり不安定ですよね。信頼できないって言うか、特に複数の機材をBluetooth接続すると接続できなかったり、出来ても切れたりします。そういった理由からか、やっぱりサイクルコンピュータやフィットネス関連機器や各種センサーなどAnt+にも対応する物の方が利用者が多かったりします。

各種センサーを身につけたり、自転車に取り付けて通信するならAnt+対応は必須で、Bluetoothはスマートフォンとの接続に使うのがまだしばらくは主流だと思います。ですからAnt+機器との接続が出来ないBluetoothのみのスポーツウォッチはまだまだ使えるシーンが限定されます。

毎日充電なんてありえない

腕時計って昔は手でゼンマイを巻いてました。それが自動で巻けるようになり、バッテリーで稼働できるようになり、最近は充電式となりました。手でゼンマイを巻く頃は毎日巻く必要があって、子供の頃は父親の使い古しの時計をおもちゃ替わりに巻いて遊んでいました。

つまり毎日充電する必要がある現在のスマートウォッチはまだゼンマイ式の時代でしかないです。iPhone 3Gが発売された頃はスマートフォンもほぼ毎日充電する必要がありました。10年経った現在は3日ぐらいは保つようになりました。

スマートウォッチも最低3日ぐらいはバッテリー残量を気にする事なく使いたい訳ですが、これから更に10年必要なんでしょうか?

Instinctを使い始めてそろそろ1週間ですが、今日始めて充電しました。届いた時にバッテリー残量が3目盛(Max.5目盛)で、この1週間で1時間半のGPS利用のアクティビティと2時間のワークアウト心拍数の転送、ライフログ機能有効、初期の様々な設定でボタン押しまくり&テスト等で使いました。就寝中(毎日約8時間)は外して放置、スマートモードです。

これならGPSなし1回の充電で2週間使用する事も可能かもしれません。充電は目盛表示が消えてからフル充電まで家庭用のコンセントで1時間10分ぐらいで終わりました。Garminのサイクルコンピュータも短時間で充電可能ですが、Instinctもあっという間です。これなら毎日GPS利用のアクティビティを数時間行ってもお風呂に入る30分ぐらいでフル充電可能かもしれません。

当然GPSを利用しなければ、24Hフルに使っても1週間に1度ぐらいの充電で十分すぎるんじゃないかと予想されます。

確かにパッと見はカシオのG何とかぽいですし、液晶もカラーじゃなく解像度も低く、文字はガタガタで読み難いです。でもそんな事よりも大きさの割には軽量で、Ant+の各種センサーと接続できて、上位のfenix並みの機能を搭載したInstinctはアウトドアウォッチとしてはもちろん、スポーツウォッチやライフログもこなす、お小遣いで購入可能な最強な万能腕時計です。

Shuji Inoue

Power Mac G4購入をきっかけにAppleユーザーになって17年が経ちました。現在メインはiMac 5K、MacBook Pro、iPhone 7 Plusです。お腹の脂肪が気になり、30年ぶりにロードレーサーに乗り始める。鯉の飼育や盆栽の手入れが日課

<< PREVIOUS ARTICLE

ブラックフライデー、Wiggleから歩けて霜焼け防止に真冬仕様なExtreme Weatherオーバーシューズを購入した

11月1日からWiggleではブラックフライデーセールが始まり現在2週目となっています。シマノのコンポが半額だったり、dhb製品が大幅に値引きされていたり、最近取扱が開始...

NEXT ARTICLE >>

駆け込み需要ではありませんが、今年買えるやつは買っとけユニクロシームレスダウンパーカを購入

ユニクロの誕生感謝祭にシームレスダウンパーカが2000円引きと言うことで、年末まで待っていたらきっとサイズも色も合う物が手に入らなくなるかもしれないと思い初日に手...

RELATED CONTENTS


僅か43グラムなのにMax600ルーメンのOlightフラッシュライトS1...

ライトマニアじゃありませんが、震災を経験する前と後ではライトに対する考えが変わった様な気がします。停電時にランタンタイプのスティックライトは有効でしたし、廊下に設置の乾電池式...

サコッシュプラスの軽量バッグ サイクルスミスフラップショルダーM...

マウンテンスミスの自転車用バッグブランドサイクルスミスといえば、数年前に日本だけで復活しday tls似の軽量ヒップバッグと小さめのハンドルにも取付可能なウェストバッグの2つがライン...

ライオン デントヘルス デンチャーケアは入れ歯利用者には必須の洗...

最近巷で密かにベストセラーな商品超音波入れ歯洗浄器を手に入れました。テレビコマーシャルでその存在を知り、Amazonで買いました。テレビコマーシャルを見て買う気になるって商品は最近...

Stravaはトレーニングに特化させて、Ride with GPSにルート作成...

サイクリングには必須となったGPS、地図を持参する事なく初めて訪れるエリアでも目的地まで安心して辿り着くことができます。ライド後はGPSデータを専用サイトにアップロードすれば...

Copyright ©︎2018 KGRAND Inc. All rights reserved.

〒861-8074 熊本県熊本市北区清水本町33-28 ☎︎096-345-7201

mail : contact[@]kgrand.jp