Published: Oct 23,2018

ロープロトップローダーのフロントバッグ化に際し、リクセンカウルアタッチメントKF810の寸法をiPhone計測アプリで測る

一眼レフカメラを持ち歩く事が無くなり、使う機会が無くなったかなり古いモデルのロープロトップローダが押入れに転がっていたので、リクセンカウルのアタッチメントで自転車のフロントバッグとして余生を過ごしてもらう事にしました。

Amazonで購入したのはお約束の2つのアクセサリー、バッグ側に付けてリクセンカウルのklickfixを利用する事が出来るBASILのKF ADAPTER PLATEと自転車のハンドルに付けてKickfixシステムを有効にするリクセンカウルLENKER ADAPTER KF810です。

ママチャリのハンドル径22mmから日東のロード用ハンドル径26mmまで幅広く対応するKF810はちょっと値段が高めのような気もしますが、Made In Germanyで実物を手にすると大変しっかりした作りに納得しました。

31.8mm径対応のKF852というモデルもありますが、価格次第ではKF810と31.8mm対応クランプKF807を買う方がママチャリから最新ロードバイクまで対応出来て良いかもしれません。

iPhoneの計測アプリで計測してみた

購入時に気になっていた事が1点、ステムから赤いロックが有る付近までの空間がどれ位あるのかです。色々写真を見てハンドル中心から30mmぐらいはあるようでした。取り付ける予定の自転車のステム先端が少し普通より出っ張っているので30mm有れば大丈夫かなーって、最悪は削るか、5mm延長できるKF808スペーサーを買うつもりでしたが、実際には30mmちょっとあったので必要ありませんでした(写真3では30mmですが、実際には数ミリプラス)。

写真1、2、6はBASILの部品で、1をバッグ内部に入れて2で外側から挟み、6が挟む時に使用するネジですが、このネジの長さが10mmしかない為に保護材がある厚手のカメラバッグでは届きません。結局15mmのネジを近くのホームセンターから買ってきました。径はM5、ピッチは0.8です。

写真5は、ハンドル中心からどれくらい出っ張るのかですが、60mmありました。これくらい出っ張るとハンドル上部を握っての走行も問題なく、更に出っ張らせたければ、エクステンションアダプターKF828を使えばプラス43mm延長できます。

写真7はバッグや荷物の荷重を支えるワイヤーですが、320mm有りました。KF828を使用しない状態で、100mm程余裕があるので多分KF828を使用してもこのワイヤーは対応できると思われます。

iOS12から利用できるようにあった計測アプリですが、センチまででミリには対応していないんですね。自転車のフロントバッグとなったロープロトップローダーですが、十分使えることを確認しました。走りながらビデオカメラ、スマートフォン、おやつに手が届くのはやっぱり便利だ。

Copyright ©︎2019 KGRAND Inc. All rights reserved.
〒861-8074 熊本県熊本市北区清水本町33-28 ☎︎096-345-7201
mail : contact[@]kgrand.jp