Published: Apr 02,2018

アップルがやめるなら俺もやめる。macOS Serverからホスティングサービスへ乗り換え

今年の2月頃だったと思いますが、アップルがServerアプリの大幅な変更計画をアナウンスした時にはビックリしました。2011年からmac miniでウェブサイト、メール、DNSなどmacOS Serverの依存度が高かったからです。先日そのアップデートがリリースされ、ほとんどのサービスがServerアプリから削除されました。

ハードディスク不調

半年ほど前、miniのハードディスクが1台お亡くなりになりました。6年間ほとんど止まることなく動いてくれたminiでしたが、さすがに次を考える時が近づいている事を思い出させてくれる出来事でした。この時はもう一つのハードディスクにデータを移行して、バックアップ環境を強化、2台目がダメになっても復旧できる様にしました。

アップルがやめるなら

そして2月のアナウンスで一旦は何てことするんだ!ってつい言葉が出てしまいましたが、ハードディスクの件もあって、これはもしかするとサーバーを止めなさいってお告げかもしれない…、即乗り換え先を探し始め、幾つか候補を絞り、秋迄にはサーバーを止める予定を立てました。アップルは現状のサーバー環境はオープンソースで維持可能とアナウンスしていますが、そうなれば確実に維持管理が大変になる事は明らか、Macを使う意味も薄れ、アップルがやめるなら自分もやめようと思った次第です。

その後ベータ版のリリース等でアップルが本当にやるんだなって判ってきたので、予定を早めて先月からホスティングサービスへの移行を開始、動画のストリーミングが途中で止まったり、IPv6など気になる点も有りますが、この後数日後にはテスト期間も終了し、本格運用に入る予定です。

そして先日の正式リリースでアナウンスの通り、macOS Serverアプリの新規インストールで利用出来るのはプロファイルマネージャーとXsanだけになりました。既にインストールしていた場合は、表示されていないだけで、メニューから従来通り設定を表示させ利用できます。でもこれも多分秋までで、次期macOSへのアップデートで完全に無くなるんじゃないでしょうか。

18年ぶりぐらいにメインで利用するサーバーを外部に借りる事にした訳ですが、費用が安くなってることは良かった反面、相変わらず設定はめんどくさいし、20年近く経っても変わってませんね。もしかするとアップルが手を引いたのもこんな所が理由の一つなのかもしれません。

Copyright ©︎2019 KGRAND Inc. All rights reserved.
〒861-8074 熊本県熊本市北区清水本町33-28 ☎︎096-345-7201
mail : contact[@]kgrand.jp