僅か43グラムなのにMax600ルーメンのOlightフラッシュライトS1 MINI BATON

Published : Jul 03,2018


ライトマニアじゃありませんが、震災を経験する前と後ではライトに対する考えが変わった様な気がします。停電時にランタンタイプのスティックライトは有効でしたし、廊下に設置の乾電池式センサーライトもあって良かった。ところが野外で使うフラッシュライトは100均レベルの物しか持っていなかったので、地震直後の情報収集にはかなり不便だったと記憶しています。当時のことを思い出しながら、OlightのフラッシュライトS1 MINI BATONを選択しました。

150ルーメン

震災直後にホームセンターで初めて買ったフラッシュライトでしたが、150ルーメンぐらいでは暗過ぎました。更に単4電池3本は流石に重すぎでした。本体の作りは丈夫そうなんですが、大きすぎでした。

2度ほどサイクリングに持参、トンネル内ではやっぱり暗く、使わないときは本当に邪魔でしかありませんでした。それでも無いより良い訳で、現在はお散歩用ライトとして使っています。

Olight S1 MINI BATON

という訳で、失敗を踏まえ今回選択したのはOlightのS1 MINI BATONです。今までこの手のフラッシュライトは良いのは分かっていても、充電池が別売だったり、専用の充電器が必要だったり、更には高価という事で手を出せませんでした。

ところが去年あたりから出てくるOlightの新製品はこの辺りの所が改善され、誰でも気軽に使う事が出来るようになってきているようです。お値段的にもね。

一番のお気に入りは小さいこと、大人の親指ぐらいしかありません。重さ僅か43グラム、それでいてMax600ルーメンの出力が可能です。このMaxレベルでの明るさが維持できるのは流石に数分間だけですが、普段はこんな強力なパワーは必要無く、330ルーメンで1時間、60ルーメンで6時間は保つ仕様になっています。

小さすぎて持ち難い感じも有りますが、クリップで挟んだり、磁石でくっつけたり、小型ならではの使い方も出来ます。

意外だったのはLEDライトなのに電球のように光が広がる事です。中心付近は真っ白で何処までも届きそうに強力な明るさですが、その周囲はほんわかと自然な明るさです。これまで安物のフラッシュライトしか使った事がなかったので、LEDライトに対する間違った認識を持っていたようです。

既に手に入れ済みのFB-1で自転車のハンドルに付けてみましたが、ハンドル下側に付けるとハンドル幅から少し出っぱるだけで、ライト本体はほとんど見えず使わない時も邪魔になりませんでした。

長時間の夜間走行ではちょっと頼りないですけど、充電池は簡単に交換出来るので準備さえしておけば不可能ではありません。

Shuji Inoue

Power Mac G4購入をきっかけにAppleユーザーになって17年が経ちました。現在メインはiMac 5K、MacBook Pro、iPhone 7 Plusです。お腹の脂肪が気になり、30年ぶりにロードレーサーに乗り始める。鯉の飼育や盆栽の手入れが日課

<< PREVIOUS ARTICLE

サコッシュプラスの軽量バッグ サイクルスミスフラップショルダーMは日本製ですがお値段高め

マウンテンスミスの自転車用バッグブランドサイクルスミスといえば、数年前に日本だけで復活しday tls似の軽量ヒップバッグと小さめのハンドルにも取付可能なウェストバッグ...

NEXT ARTICLE >>

Satori SmartでもAlpe du Zwift 60分台で走れます 実走タイムに合わせたキャリブレーションの勧め

連日猛暑の日が続きますが、今年の夏は結構楽しく過ごせています。2年程前から始めたインドアサイクリング、トレーナーのキャリブレーションを自分の力に合わせてコント...

RELATED CONTENTS


最近Amazonでも良く見るサコッシュ型バッグの中からケルティ ヴィン...

最近Amazonでも様々なサコッシュが販売されています。ちょっと前はとてもサコッシュ程度にそんな金額出せますか!っていうやつや、いかにも古臭いペラッペラの付録にでも付いてきそうな物...

wiggleでの初お買い物はdhb Droicaロードシューズでした。タイヤ、ウ...

先月初めてwiggleで買物しました。去年ぐらいから気にはなっていたのですがどうもクレジットカードを海外のサイトで使う勇気がなくてなかなか踏み切れなかった。PayPal...

月140円プラスして示談交渉付き自転車事故以外も有効な個人賠償責...

去年からお隣の鹿児島県では、自転車を利用する際の自転車損害賠償保険等への加入が義務化されました。九州では現在鹿児島県だけですが、既に日本中の自治体で広まりつつあります。自...

自転車用フロントライトの取り付けにこだわった結果、Olightバイク...

自転車のライトは夜間走行やトンネル内では必須のアクセサリーです。最近では昼間でも点灯してデイライトとして利用する人も多くなりました。その為、沢山の自転車ライトがお店やネットで...

Copyright ©︎2018 KGRAND Inc. All rights reserved.

〒861-8074 熊本県熊本市北区清水本町33-28 ☎︎096-345-7201

mail : contact[@]kgrand.jp