パノラマコンテンツの作成を再開します

logo
panprama

新旧コンテンツを交じえてパノラマコンテンツの作成を再開します

Published: Jul 06,2019
ウェブサイトのトップページで流れる動画内に360 Degree VRと有りますが、現在サイト内にはそれらしいコンテンツは有りません。かなり昔の事ですが、アップルがQuickTime VR Authoring Studioと言うパノラマ作成ソフトを販売していた頃までケーグランドのメインコンテンツはパノラマVRでした。ストップして十年以上経ちますがパノラマコンテンツの作成を再開します。
Posted by Shuji Inoue

ストップした理由はフルスクリーン、ギガピクセルパノラマを経て新たなパノラマコンテンツの方向が見えなくなったからです。ちょうど現在のiPhoneみたいな状況です。大きくなって高機能、便利になったはずなんだけど売れなくなった。ユーザーはそこまでスマートフォンに求めていないのかも。それよりApple Watchをもっと進化させて欲しい。

再開の理由は、Motionでパノラマ画像をベースに、動画と合成させる作業を行っている時に面白いと感じたのがきっかけです。またこれまでパノラマコンテンツはインタラクティブにマウスやタッチ操作、もしくはVRヘッドマウントディスプレイでグルグル回して楽しむ物とばかり考えていたのですが、動画コンテンツとして利用したほうが自然だと感じたからです。

パノラマコンテンツは沢山あるのでクルクル回さずに動画コンテンツとして再利用してみる事にします。でも十年以上前に撮った物ばかりでちょと古い感じのもあるので、新たに360度カメラを手に入れ最新のパノラマも交えて作成していきます。

使用する360度カメラは、ニコンKeyMission 360です。既に新品では殆ど手に入らなくなってしまっていますが、フィルムの頃からのニコンユーザーなので1台手にいれておきたかったと言うのがあったのと、このままニコンが後継機を出さなければ遺産にもなりますしね。

カメラって何十年か経って久しぶりに持つと、当時の事が次々思い出されるって所が好きなんです。だから新しいのを次から次に買い換えるんじゃなくて、その時代時代に記憶に残るカメラだと思えば手に入れたいと思うのです。

でもこれまで手に入れなかったのは理由がない訳でもありません。前後2つのレンズで360度を撮影した画像に満足できなかった点と、ニコンとガーミン以外の360度カメラってオモチャにしか見えなかったからです。この2つのモデル以外ってただただ世の中で受ける事だけを狙ってるとしか思えず、そういったいっときの流れには流されたくないし、興味もありません。

KeyMissionを実際手にしてみるとチープな感じは全くなく、ちょっとアクションカメラにしては高級すぎる質感にニコンが作るとやっぱこんなになるんだよねって納得しています。このカメラがどんな記憶を留めてくれるのか今から楽しみです。

現在時間を見つけ梅雨時の貴重な晴れ間でテストを兼ね撮影中ですが、当たり前ですけど曇り空ではいい色が出ません。でも条件が良ければ出ます。マニュアルで操作できる事は限られますが、アクションカメラですからそんな事は重要では有りません。

セルフィーステックを地面に立てただけでは全く高さが足りない事、アクションカメラと言えどもある程度しっかりした三脚の方が野外では安心感がある事、シャッター音が聞き取り難かった事など野外で撮ってみて初めて感じる不具合など有って現在色々対策しながら最新映像を撮影中です。

Digital contents Development and Distribution

2D / 3D Motion Picture  | 360 Degree VR | HTML5 Web content