新型Mac miniに合いそうなディスプレイを探してフィリップスモニター241E9/11にたどり着く

This journal was written by Shuji Inoue on November 22 2018.
philips

2011年モデルのMac miniをサーバーとして使っていた時は15インチのディスプレイでも良かったのですが、役目を終え、現在はブラウジングやネットショッピングなど普通のパソコンの様に使うと流石にディスプレイのサイズが気になります。でも4Kは必要ないし、お財布と相談してフィリップスの新製品241E9/11を買うことにしました。

2009年モデルの21インチiMacもまだまだ現役で使っていますが、冷却ファンの軸がすり減っているので、冬になり気温が下がるとかなりうるさい音が出るようになりました。去年は何とか我慢して乗り越えたのですが、今年から冬の間は冬眠してもらう事にし、役目を終えたMac miniを代わりに使う事にしました。

ところがHDMI入力も無い15インチの4:3ディスプレイだと色々楽しめない事が多く、近い時期に2011年モデルのMac miniも押入れ行きになるだろうし、新しいMac miniも出たことだし、先行してディスプレイだけでも新しくしておく事にしました。

フィリップス Eラインモニター 241E9/11

Amazonで検索すると山のように出てくるパソコン用ディスプレイですが、フルHDで24インチか27インチで絞ってもまだまだ大量に在ります。これぐらいの物だと2万円以下が売れ線で、ディスプレイポートなどが付いたりゲーミング用だと2万円を超えます。

HDMIが有れば十分なので、価格を2万円以下、新製品で絞りこむとようやく10台ぐらいになりました。この中から日本のメーカーといきたいところですが、選んだ基準はスタンドの形状と色でした。

将来的に新型のMac miniでの使用も考えていたので、Mac miniとマッチしそうなスタンドの形状と色で選んだ訳です。つまり排除したのは四角いプラスチックぽいスタンドの物です。Mac miniの新型は黒っぽく、旧型は白っぽいアルミ製品特有の鈍い輝きを放つのでプラスチックぽいツヤツヤした物とはどちらもマッチしません。形状的にも四角く分厚いスタンドは四角いMac miniとかぶりますし、置く位置的に邪魔です。

そこで選んだのがフィリップスの241E9/11です。鈍い黒っぽい色で、細くシャープです。スタンドの中心にMac miniを置く事ができそうでした。気になったのはスタンドの材質です。プラスチック製ならかなり頼りないとも思いましたが、どこにも情報が無く、フィリップスを信じて買うしかありません。

スタンドはどっしり感の金属製

実物を見るまで不安でしたが、スタンドは頑丈な金属製スタンドでした。縁がかなり薄く24インチとは言えディスプレイ自体は小さく軽量なので、金属製スタンドのおかげで低重心です。

添付のHDMIケーブルが1.8mでは長すぎる様な気がしますが、新型Mac miniにぴったり感のディスプレイだと思います。27インチと4Kモデルが同じデザインで用意されているので、予算に応じて選択もできます。ただし旧型は白過ぎますね。何だかスペースグレイのキーボードとトラックパッドも欲しくなってきましたよ。

支柱取付の柔軟性を重視してグリーンハウスのディスプレイ用アーム GH-AMCA02を買ったお話

ディスプレイの位置をもう少し下げて、画面を斜めにして作業をする為に、いちいちディスプレイの周りのキーボードや切替器を動かすのも大変だし、ケーブルが引っかかって思うようにポジションが決まらなかったりするのでディスプレイアームを手に入れることにしました。

placeholder image

支柱取付の柔軟性を重視してグリーンハウスのディスプレイ用アーム GH-AMCA02を買ったお話

ディスプレイの位置をもう少し下げて、画面を斜めにして作業をする為に、いちいちディスプレイの周りのキーボードや切替器を動かすのも大変だし、ケーブルが引っかかって思うようにポジションが決まらなかったりするのでディスプレイアームを手に入れることにしました。