Published: Aug 13,2017

近頃超暑かったのでローラーメインでした。ハイケイデンスで連続して回してたら2400キロも走ってた

去年の12月に冬場や雨でも走れる様にと、Zwiftを試してみる為に手に入れたTacx Satori Smart固定ローラー、チューブラータイヤの為か?キャリブレーションが上手くない事や、負荷に応じてパワーが変化しないなど、期待にそぐわない点もありましたが、これまでに2400キロも走ってました。

意外と飽きない

ローラーは飽きるので、Zwiftで少しでも楽しく回せた方が良いんじゃないかという事でSatori Smartを選択、ダラダラと周回しながら時々付いていけそうな人を見つけ、一緒に走ってると時間が経つのも忘れます。でもいつも同じコースじゃ飽きます。そんな訳で1ヶ月でZwiftの課金はストップしました。

その後はTacxのCycling Appを使って漠然とワークアウトを一通りこなしている内に自分の弱点というか、ワークアウトのコツって言うのか、次のステップに何が必要なのか等少しだけ見え始め、飽きるどころか楽しくなってきました。

ローラーはとにかく全力を出し切れるのが楽しい。春から初夏にかけてローラーを回さず野外のサイクリングを楽しんでいたら、疲労感の割には体力はアップしてませんでした。現在では外でのサイクリングは週に1、2回程度、それ以外の日はローラーで全開です。

更に最近気づいたのですが、毎日回せればそれに越した事はないのですが、もしも回せなかった場合、次に回した時には必ず連続して回した方が良いという事です。つまり走れない時期はあっても良いけど、一旦走り始めたら連続して走る事。その方が足の筋力はアップしやすいみたいです。

最悪なのは、1日走って疲れたから翌日はお休み、更に翌々日は回復したので走るってパターン、このパターンは走ってる割にはほとんど筋力のアップにはつながらないと実感しました。歳をとると無理はできないからと、このパターンで走ってた時期もあったのですが、ある程度筋力が付いたら連続に切り替えた方が良さそうです。

ローラーはハイケイデンス

更にもう一つ、ローラーを使ったトレーニングの基本はハイケイデンスの様です。このハイケイデンスに目覚めたのはしばらく経ってからでした。自分にとってどれぐらいがハイケイデンスなのかは色々試す必要がありますが、実走感が大事とばかりに、野外走行程度のケイデンスで回していてはダメみたいです。

目標は高負荷のハイケイデンスを少しでも長い時間維持できる事です。まだまだこの領域は手探り状態なので試行錯誤の最中ですが、負荷が高くなるとごまかしが効かなくなって、更に効率の良いペダリングを目指さないとダメなんだなとなんとなく解ってきました。

Copyright ©︎2019 KGRAND Inc. All rights reserved.
〒861-8074 熊本県熊本市北区清水本町33-28 ☎︎096-345-7201
mail : contact[@]kgrand.jp